宅配食サービスの利用前にしておくべきリサーチ・準備とは?

宅配食サービスで知っておきたいこと

宅配食サービスの利用にあたってチェックしておくべきこと

ひと昔前は、宅配フードと言えば、中華店や和食店の出前サービスが主流でした。 現在はそれに加え、誰もが知っているピザデリバリーやコンビニエンスストアが提供する宅配サービスなどがありますよね。 宅配フードサービスには、どのようなものがあるのかをまず見てみましょう。

ニーズにあった選択を

たくさんある宅配フードサービスから、ニーズに合ったものを選ぶには、どういった点に気をつければ良いのでしょうか? 利用の仕方がよくわからずに、役に立つサービスを利用してしない方もいるのではないでしょうか。 利用前に事前に確認しておきたいチェックポイントについて、見てみましょう。

進化している宅配フードサービス

そして、宅配フードサービスが取り扱うフードの種類、そして、それぞれが掲げるコンセプトにも、いろいろなものがありますよね。
季節の食材に重点を置いたもの、オーガニック(有機栽培)にこだわったもの、産地直送にこだわった生産者と消費者の架け橋となるようなもの。
そのほか、日本では手に入れにくい食材だったり、健康面に特化した食材だったりと、個性豊かなものも増えています。
実際に、宅配フードサービスを使うにあたって、事前に準備する必要があるのは、保存場所の確保です。
おかずや食材などは、真空パックで常温保存ができるものもあるので、そんなに困らないかもしれません。
しかし、新鮮な野菜や果物、肉類のような食材は、冷蔵・冷凍保存が必須となります。
せっかく宅配サービスで届いた、食べ物を無駄にしないためにも、しっかりと保存できるスペースを事前に確保しておきましょう。
とくに、単身家庭や大人数の家庭では、冷凍庫を活用していくことが上手な運用につながります。
今すぐ冷蔵庫を買い換えたりする必要はありませんが、どのくらいの量になるのか、どうやって保存するのかを考えた上でのサービスの利用をおすすめします。
また、野菜保存用の袋や食材を真空パック保存できるフードシーラーを準備するのも有効です。
次に、宅配フードサービスで気になるポイントは、経済的な負担でもありますよね。
まずは、フードそのもののほかに、配送地域や配送料などをしっかり事前にチェックして、予算超過にならないよう計画性を持った使い方を心がけることも大切です。
定期便として注文をするとオトクになったり、メンバーになるとオトクになったりというサービスもあります。
ぜひ、ご家庭のニーズに合ったサービスを選べるよう、吟味してみてください。
そして、宅配業者の負担を減らすためにも、必要に応じて宅配ボックスを準備するなど、社会全体にやさしい利用の流れを視野に考えてみてくださいね。

宅配フードサービスと社会のしくみ

高齢化社会や共働き夫婦の増加などの社会の変化とともに、少しずつ変わってきている宅配フードサービス。 時代が流れるに連れ、徐々に、わたしたちのライフスタイルや家族のあり方も多様化してきています。 宅配フードサービスとの上手なつきあい方を知って、豊かな食生活のために、ぜひ活用してみましょう。

TOPへ戻る